キタノカオリとは?

キタノカオリは2003年に優良品種に登録された北海道産のパン用秋まき小麦です。
カオリというネーミングからもわかるように焼き上がりの香りが良く、甘みもあり、他の粉よりも黄色みがかったクラムも美しく人気の高い小麦粉です。

栽培が始まってから15年以上経過していますが有名リテールベーカリーだけではなく、家庭製パンのお客様からも根強い人気があります。




キタノカオリの現状とこれから

そんなキタノカオリですが作付けは年々減少しており、需要(パン屋さん)と供給(生産者)のバランスが崩れてきています。
昨年あたりから一部の製粉会社ではキタノカオリの販売を終了しており、この傾向は今後も続くことが予想されます。


〇なぜキタノカオリの作付けが減少しているのか?

人気がある一方で小麦生産者は苦労をしています。
それは、キタノカオリが雨に弱く「穂発芽」というリスクを抱えているからです。

穂発芽とは収穫直前に雨に当たった穂から芽が出てしまうことで、酵素活性が高くなり、でんぷんの分解が進んでパン用小麦粉としての商品価値が無くなってしまいます。
地球温暖化の影響なのか「梅雨のないはずの北海道」でも近年では「蝦夷梅雨」という言葉も耳にするようになり、台風の上陸なども重なり北海道の農業は気候的に厳しい状況にあります。




数年前から、いろいろな方から「キタノカオリの作付けは何故増えないのですか?」という問い合わせを数多くいただいています。

その中で、沢山のシェフに十勝に足を運んでいただきました。
そしてお連れしたのが、キタノカオリを生産して頂いている生産者の所。

お話を聞いていただいたシェフの方は口をそろえて
「ただ単に増やして欲しいと希望ばかり言っていたが、一番大切なのは作っていただいている生産現場をきちんと理解したその上で、直にお会いしてお願いすることが重要だ。そして、そういった現場のことを消費者に伝えること、これが消費者と向き合う我々の役割なんですね」

とお話しされていた姿が今でも思い出されます。

気候変動が一般的になり、栽培のリスクもある中、キタノカオリを栽培して頂いている生産者に少しでも雨害を軽減できるようにと専用資材を無償でお配りしたり、選別調整のグレードをアップしたりと、できることを精一杯行っています。

弊社は小麦生産者グループ「チホク会」と直接栽培契約を結んでいるためわずかながら栽培面積を増やしています。
しかし、多くのお客様のご要望にはお応えできない状況ですが、苦労をしてでもお客様の声に応えたいという熱意ある生産者と共にこれからも歩み続けていきます。



キタノカオリ



 

返品について

返品期限
お届けした商品がご注文と異なっていた場合、また配送中に汚損・破損が発生した場合は商品到着後3日以内にメールまたは電話にてご連絡下さい。良品を再送付させていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。
不良品に該当する場合は当方で負担させて頂きます。 

配送・送料について

福山通運
お届け日指定なしの場合、ご注文より1〜4営業日の出荷となります。
お届け日指定ありの場合、あらかじめご指定いただいた日に届くよう出荷いたします。

送料は地域によって異なります。
下記をご参考ください。(1梱包25kgまで)
6,000円以上(税込)のご注文で送料無料(沖縄県を除く)
→地域ごとの送料はこちらの表をご確認ください

 

支払い方法について

銀行振込 ゆうちょ銀行
ご注文確定後、振込先情報をメールでお送りし、入金確認後の発送になります。
振込手数料はお客様負担となりますのでご了承ください。 
クレジットカード

 
コンビニ支払い
セブンイレブン/ローソン/セイコーマート/ミニストップ/ファミリーマート 

営業日について

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
赤色の日は発送業務がお休みです。